<< *orderいろいろ* ヨコハマハンドメイドマルシェ、... >>

2歳

e0286098_2142107.jpg





先日、むすこが2歳を迎えました。
うまれてから、まだ2年。でも、もう2年なんだな。。。
長いようで、あっというまでした。
おおきな病気もけがもなくここまで無事に育ってくれたこと。
ほんとうに感謝です。


最近はおしゃべりがとてもじょうずになり、ほとんど会話で意思疎通ができるようになりました。
ことばに関しては、いまぐんぐん吸収していて、どこで聞いたかわからないようなことを不意に言っていたりして、おどろきます。
言いまちがいもだいぶ少なくなってきたけれど、まだまだたどたどしくて、かわいいです。



2歳といえば、魔の2歳児といわれるように、自我が目覚めるときだそうで。
このところイヤイヤがはげしくなってまいりました。
とにかくなにをするにも「しなーい」「いや!」だそうで。。。
試行錯誤してなんとかやっております。
でも、想像していたよりひどくないので、これからもっとはげしくなるのか?とびくびくしております。

そして、さすが男児。どんどんパワフルになってゆきます。
一日に何回、「あぶないよ!!!」「降りて!(←とにかくすぐ登る)」「痛い!(←全力で突進してきたり乗ってきたりする)」を言っていることでしょう。。。
ただでさえ体力があるほうではないうえに、年々衰えてきているのをひしひしと感じているので、これからが不安です。。。

でも、げんきなのはいいこと。なによりです。
喜ばしいことなのですよね。


赤ちゃんだったころの写真をみては、「大きくなっちゃったんだなぁ。。。」とうれしくも切なくもなるこのごろ。
先日、chieちゃんに誘ってもらった育児の講座で、こんな話を窺いました。

こどもがちいさいころはまいにちを過ごすことが精一杯で、はやく話せるようになればいいのに、はやくなんでも自分でできるようになればいいのに、と思っているけれど、いざこどもが手を離れてみると、手がかかるお子さんのいるおかあさんたちが、うらやましくてしかたない。

ほんとうに、そうなのだろうと思います。
とてもとても濃くて、あたたかい時間を過ごしているのだろうな、と。

ずっとずっとまいにちむすこといると、きちんと向き合えていない時間もたくさんあって。
でもいまは、そんな時間も必要なのだけれど。
だけどいつか、こどもが手を離れたときに、きっと後悔したり、ちいさなお子さんを連れたおかあさんたちを、たまらなく羨ましく思ったりするのだろうことも、わかってはいます。

おかあさんって、親って。むずかしい。
だけど、悪くない。けっこうたのしい。
おかあさんにしてくれたむすこには、感謝しなくては、ですね。




e0286098_2292329.jpg

[PR]
by violetta2002 | 2013-06-06 22:11 | こども
<< *orderいろいろ* ヨコハマハンドメイドマルシェ、... >>